LINK
自動車を走らせている時、「愛車を利用したままで直ぐ融資可」という掲示板や広告が目に付くことも多いでしょう。このような宣伝看板は、車担保融資の広告群であることが多いようです。車担保融資と呼ばれる言葉は、知っていたとしても、実は、どんな融資のされ方なのかそれほど分かっていない人も中にはいるのではないでしょうか。車担保融資とは、それだけ少数派のローンキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、車を担保にすることで、車の現状の売値価格を出し、その価格の査定枠の中でキャッシングを原則として行っているようです。一般の自動車買い取り専門店での査定と同じく、距離を走っている車や事故車であったりすると、査定の見積もりが安くなってしまうことがあるので自動車を担保としてお金を融資を受ける場合には知っておくといいと思います。車担保融資は、「自動車」という手で触れるものを担保にする方法ですので、貸金業者などで融資がストップしている人でも即日、査定上限内でのローンを行ってもらえるようです。そのうえ、銀行や金融業者での融資には色々な手続きや審査がありますが、自動車という実質資産を利用し、行うキャッシングですから、そのようなものが要らないこともあるはずです。近頃では、自動車を担保としてキャッシングローンを受けても、担保にしている車を今までと変わらなく継続して利用することが出来る車を使った担保融資も増えてきていると思います。けれども、この融資方法のデメリットとしては、クルマの評価額にローンの金額も左右されますから、所持する自家用車によって、自分自身が期待する額のローンキャッシングを受けられないということも度々あるようです。自動車を返済ができなくなった際の保障にしますから、万一返済が出来ない時には、すぐさま車を引き渡さなければならないのも、欠点です。クルマが暮らしの必需品である世帯では、自動車を、返済に行き詰った際の保険にするキャッシングの仕方は、随分危険が大きいといえるかもしれません。