LINK
車を運転している時、「クルマを持ったままで即日融資可」という看板や張り紙が目に付くことも多いかもしれません。こういった広告は、車を担保としてお金を融資する広告群であることが多いでしょう。車担保融資と呼ばれる言葉は、耳にしたことがあっても、実は、どういうキャッシングの仕方なのか過度に分かっていない人も少なからずいると思います。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないローン方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、車を返済に行き詰った際の保険にすることで、車の現状の売値価格を出し、その価格の査定範囲中でローンを基本として行っているはずです。中古車買取専門店での査定と同じように、キズがある車や改造車であったりすると、査定額が低くなることがあるので車を担保としてお金を融資を受ける場合には覚えておくといいはずです。車担保融資は、「自動車」という実質資産を保険として抑える方法ですので、金融業者などで借り入れが受けられない人でも即日、査定枠でのローンを行えるようです。また、銀行や消費者金融でのキャッシングには多種多様な手続きや審査がありますが、車という実質資産を利用して行う融資ですから、そのようなものが必要としないということもあるはずです。つい最近では、車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングを受けても、その車をそのまま使用することが出来る車担保融資も増えてきています。但し、この方法の弱点としては、愛車の査定額にローンキャッシングの金額次第ですので、所持する自動車によって、自分自身が希望する限度額の融資を受けられないということも度々あると聞きます。クルマを担保としますから、もし支払いが遅れてしまったケースは、直ちに愛車を手放さなければならないというのも、欠点といえるかもしれません。自動車が生活の必需品である世帯では、車を返済に行き詰った際の保険にする融資の仕方は、結構危険性があるといえるはずです。